2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月24日 (日)

大荒れの週末

関東地方も大荒れとなったこの週末、再び長野県の乗鞍高原温泉スキー場に滑りに行きました。

23日は、朝から本格的に雪が降り出し、風も強くなりました。
あまりにも寒い上に視界も悪いため、14時頃には宿に引上げました。
猛吹雪のため、写真取るどころでは無かったです・・・

雪は24日の朝まで降り続き、一晩で約15センチぐらいは積もったでしょうか。
Sp1000929

朝、車の雪かきにでたらこんな感じでした。
Sp1000932
長靴が無いと、車にたどり着けません。

朝9時頃から滑り始めましたが、猛烈な風の影響で乗鞍第6クワッド 、国設第1クワッドは運行していませんでした。

朝10時頃の乗鞍第1ペア、乗鞍第5ペアリフトの様子です。強い風の影響で雪が舞ってます。
Sp1000937

天候も次第に回復し、太陽ものぞき、風もおさまり止まっていた乗鞍第6クワッドは11時頃から動き出しました。
動いてすぐに乗り込み、新雪を頂きました。久々に板を外すような転倒もしましたが、楽しめました。

右奥の尾根に架かっているリフトが、乗鞍第6クワッドで、鳥居尾根と呼ばれるコースです。
Sp1000939

午後にはすっかり天候も回復し、暖かな陽気になりました。
Sp1000944

2008年2月18日 (月)

今年も参加するつもりっす

昨年春、初めてサイクルイベントに参加しました。

昨年の模様です。

今年は案内のはがきが届きました。
そのイベントは、バイシクルライド2008イン東京です。

永田町を出発し、お台場方面を経由し再び永田町まで戻ってくる約27kmのライドです。
コースは、永田町ー溜池ー虎ノ門ー新橋ー東銀座ー築地ー勝鬨橋ー晴海大橋ーお台場ー勝鬨橋ー八丁堀ー京橋ー丸の内ー皇居外苑ー桜田門ー霞ヶ関ー永田町とのこと。

昨年は、約20kmのコースだったので、少し距離も延びたようです。

申込みは、25日から、スポーツエントリーで開始され、定員は1,000名だそうです。
参加費は、大人4,000円と少しお高めですが、参加費の半分はチャリティとして使われるそうです。

2008年2月16日 (土)

3連休も(その3)

11日は、朝から快晴になりました。
白馬八方尾根スキー場です。

Sp1000915

が、既におやじの仲間入りをしている面々は、2日滑っておなかいっぱいです。
なので、とっとと撤収します。

さすがに3連休だったので、夕方以降の高速は、激混みでしたが、早く撤収したので渋滞にもあわず楽々帰還でした。深夜まで関越道の渋滞は解消しなかったようです。

Rhp0005_2

Rhp0006

2008年2月13日 (水)

3連休も(その2)

10日は、白馬五竜スキー場を滑りました。

いいもりゲレンデ側よりエントリーしました。
こちらの駐車場は、歩いてすぐゲレンデなので、楽々でした。

最上部のパノラマコースです。
Sp1000888
左のリフト側に滑るとHakuba 47 ウインタースポーツパークに滑り込むことができます。
白馬五竜スキー場とリフト券が共通で使えます。

Hakuba 47のR-1コースから見た白馬八方尾根スキー場です。
Sp1000894

ゲレンデの上部は、雲に阻まれホワイトアウト状態になることが多かったです。
とおみゲレンデから、上部のアルプス平ゲレンデを望みますが雲の中です・・・
左側の斜面が、上級のチャンピオンエキスパートコースです。
Sp1000901

今日は3連休の中日と言うこともあり、ゲレンデも大変混雑していました。
とおみゲレンデの状況です。人・人・人です・・・
Sp1000898


白馬五竜スキー場を訪れて感じたこと
昨日の白馬八方と違い、ゲレンデマップが、チケット売り場やレストランなどにちゃんと配備されていました。またコーティング?されていて濡れても大丈夫な仕様でした。
八方のゲレンデマップは、チケット売り場に配備されて無く、レストランでようやく入手しましたが、ただの紙なので濡れてぼろぼろになってしましました。
上部のアルプス平ゲレンデから、とおみゲレンデに下るコースは上級のチャンピオンエキスパートコース(コブあり、パウダーあり、最大斜度35°)と、ウッディーコースしかなく、当然ウッディーコースは大混雑・・・
ゴンドラで上がったほとんどの人がこのコースを利用するのですが、林道のコースなので狭く、衝突する人がちらほら。
このコースが改善されると、ゴンドラを利用して上から下まで滑るのが楽しくなるのではと感じました。

Hakuba 47を訪れて感じたこと
R-8、1、6コースを滑っただけですが、コースの分岐点には看板(ゲレンデマップ)とコース番号の案内が出ており、初めて滑ったコースでしたが安心して滑ることができました。

2008年2月11日 (月)

3連休も(その1)

この3連休も自転車に乗らず、スキー板に乗ってました。

今回は、数年ぶりに白馬方面に出かけました。

9日は、白馬八方尾根スキー場を滑走しました。
午前中は晴れていましたが、午後からは雪になりました。

第3駐車場からの景色です。
この場所からは、一番上のゲレンデは見えません。
Sp1000862

八方スキー場の最上部からの景色です。
手前は、白馬岩岳スキー場、奥が栂池高原スキー場です。たぶん。
Sp1000869

兎平ゲレンデからの眺めです。
下界には、白馬村の町並みが広がります。
Sp1000876

久しぶりに白馬八方尾根スキー場に訪れて感じたこと。
駐車場からゲレンデが離れていることから、板を担いでかなり歩きました。
これは、ゲレンデ前に巨大な駐車場があるスキー場に慣れている身には辛いです。

また、駐車場にトイレはあるものの、更衣室の設備などはありませんでした。
これも、日帰りスキーヤーや、宿泊するものの朝直接スキー場に乗り込む人には優しくないです。

ゲレンデが大きくメジャーなだけに少し残念でした。
シャトルバスが沢山走っていたので、宿泊先からゲレンデに向かう場合は便利なのかもしれませんね。

2008年2月 3日 (日)

この週末も

昨日も自転車に乗らずに、日帰りでスキーへGO!

会社の同僚やらその関係の人あわせて8名の大所帯です。
しかしながら、スキーは私だけで、みんなスノボです。
これが世の中のながれですねぇ~

今回は、日帰りスキーでよく行くたんばらスキーパークへ行きました。

Sp1000833
さすがに土曜日ということもあり、それなりの混雑でしたが、前日に雪も降っていたこともあり、コンディションもなかなか良かったです。

Sp1000835
天気も良く遠く浅間山(たぶん)を望めました。

このスキー場は、2回目以降リフト代が安くなるシステム(リピーターパック)を導入しており、お得感があります。
リフト券+食事券+売店券がついた、たんばらパックは初回¥5,200ですが、2回目以降は、リピーターパックとして、4,800円(2回目)、4,300円(3回目以降)と安くなります。
お食事券は1,000円、売店券は500円として使えますので、リフト代は実質2,800円(3回目以降)になります。
昨年のチケットを持参することで、今シーズンの初回からリピーターパック2回目が適用されます。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »