2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 大江戸じてんしゃ三昧「イルミネーション2010」 | トップページ | ツール・ド・千葉2010、その後パート2 »

2010年12月30日 (木)

ロードバイク(ANCOR RNC7 2010)購入備忘録

7月に発注し、9月に納車となったロードバイクANCOR RNC7について、仕様等を備忘録として残しておこうと思います。

車 種:ANCOR RNC7 Equipe 2010

サイドビュー
Sp1070825

リアビュー
Sp1070830

発注日:2010/7/23
納車日:2010/9/11
     約1ヶ月半での納車となりました。

◆基本SPEC
  フレームサイズ:490-510-520-530-540-550-570-590mm
  フレーム:Neo-Cot Cr-Mo Professional スピニングバデット
  フロントフォーク:Cr-Mo ロー付け イタリアンサイズ
  ヘッド小物:TANGE RDC アヘッドイタリアンサイズ
  シートピン:5mmアーレンキー
  ハンドルバー:ANCHOR-NITTO M101N φ26.0
  ハンドルステム:ANCHOR Aluminium
  サドル:ANCHOR RACING M
  シートポスト:ANCHOR Aluminium φ27.2X300L
  タイヤ:BRIDGESTONE EXTENZA RR-2 700×23C
  ホイール :SHIMANO WH-R500
  フロントディレーラー:SHIMANO 105 FD-5700 バンド式φ28.6
  リアディレーラー:SHIMANO 105 RD-5700-SS
  スプロケット:SHIMANO 105 CS-5700 10S 12-25T
  ギアクランク:SHIMANO 105 FC-5700 BBシャフト一体構造
          490mm:165L/510-550mm:170L/570-590mm:172.5L
  ボトムブラケット:SHIMANO SM-BB5700 68W
  チェーン:SHIMANO CN-5701
  ペダル:SHIMANO 105 PD-5700 SPD-SL
  ブレーキアーチ:SHIMANO 105 BR-5700
  ブレーキレバー:SHIMANO 105 ST-5700
  付属品:LEDランプ、ベル、リフレクター、アーレンキー、バルブアダプター
  フレーム重量:フレーム単体 1,670g(530mm) フレームセット 2,670g(530mm)
  完成車重量:9.6kg(530mm)ペダル付き 9.3kg(530mm)ペダルなし

◆SELECT PARTS
  フレームサイズ:550mm
  ハンドルバー:400mm(芯幅)
  ハンドルステム:100mm
  バーテープ:BLACK
  ホイール:SHIMANO WH-R500
  ギアクランク:コンパクト FC-5750 50-34T
  スプロケット:12-25T CS-5700
  ペダル:無し
  サドル:ANCHOR RACING M
  メーター:無し
  SELECT DESIGN :レーシングブルー

◆追加で装備したもの
  ペダル:SHIMANO PD-M520 WHT
  Spdm520w

  メーター:CATEYE CC-MC100W
  Smc100w_b

  サドルバック:TOPEAK エアロウェッジパック-S(ストラップタイプ)
  Sbag

  テールライト:TOPEAK レッド ライト
  S

  ワイヤー錠:ミンタイ MT-718 リールタイプ
  Smt718

  ワイヤー錠 :タテ AG70 フォールディングロック
  S_2

  携帯ポンプ:dixna フルートポンプ
  Sdixna

  ボトルゲージ:TOPEAK シャトル ケージSL
  S_3

« 大江戸じてんしゃ三昧「イルミネーション2010」 | トップページ | ツール・ド・千葉2010、その後パート2 »

アクセサリー」カテゴリの記事

RNC7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217450/49992715

この記事へのトラックバック一覧です: ロードバイク(ANCOR RNC7 2010)購入備忘録:

« 大江戸じてんしゃ三昧「イルミネーション2010」 | トップページ | ツール・ド・千葉2010、その後パート2 »